ホーム > 紹介 > 現実問題!

現実問題!

現実にPCのディスプレイの前で、いつも動いているマーケットを目を向けていると、理由無くトレードをしなくてはいられない衝動が生じる状況も多いと思います。

 

でも、不確かな衝動で売り買いをするのは避ける必要があります。

 

確かに、相場は1日中、どこかの外国為替相場が開かれているし為替レートも常時変動している。

 

とは言っても、トレードを繰り返しているとその分だけマイナスになるリスクが上がってしまいます。

 

言うまでもなく、売り買いの回数を積む事でトータルで儲けられる可能性が五分五分になるのは事実です。

でもこれは「明確でないインスピレーションで売り買い」とは話が異なります。

 

エントリー回数を重ねる意味というのは自分で「ここは!」と感じたチャンスを得られたうえでの注文回数を積み重ねるという事を意味します。

何となく、連続してFX取引を積み重ねるのとは明らかに違います。

 

市場の駆け引きに負けないためにはあなたが深く考えてメリハリをつけることが不可欠です。

 

「ここはいける」と思えた市場の時には迷うことなく持っているポジションを多くして思い切り利益を求めます。

 

「かなり分からない為替相場でどう上げ下げするのか思いつかないな」と感じたならば執着しないで所持ポジションをひとつ残さずクローズして何もしません。

 

それくらいのけじめがあったほうが、最後にはトレードはうまくいくものだ。

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

まったく言葉どおりだと思います。

FXとはいついかなる時でもポジションを所有する事が大切ではなく、どれも保持せず何もしないことも場面によってはFXです。

 

それでは、どういう時に、休むといいのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先に述べたように、最近の外国為替相場が今ひとつ判断できない時です。

 

これからどうなるのか決断できない時は、分からないまま行動すると、自身で思い描いたシナリオとは異なった方向に為替相場が変化してしまい損する事になってしまいます。

 

だから、このような時はポジションを整理して、何もしないで静観しているのがいいと思います。

 

ふたつめは、あなたの体調が変なときです。

 

体の具合とマーケットに関係しないと感じる人もいると思いますが現実にはかなり影響します。

 

健康状態がすぐれなければ相場の失敗できない場面で落ち着いた判断ができない。

 

やる気がわかない時は外国為替相場から距離を置くことも大切な事です。

 


関連記事

  1. うっかり処理忘れにくれぐれもご注意を

    夏は体の露出部分が多いため、ムダ毛処理をする場所が増えて困ります。 長袖やブーツ...

  2. 姿勢よく背筋を伸ばして座る人

    きれいだなと思う人は、背筋を伸ばして姿勢よく座る人です。椅子に座っているとき、正...

  3. 弁護士事務所での仕事

    私は今、世田谷にある弁護士法人の法律事務所の事務スタッフとして働いています。 本...

  4. 現実問題!

    現実にPCのディスプレイの前で、いつも動いているマーケットを目を向けていると、理...