ホーム > レア情報 > 為替

為替

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を売買の注文をして利ざやを上げる取引です。

売り買いの価格は、常時変動しています。

 

それが為替です。

ラジオを聞いていると外貨の為替のニュースが流れる時があります。

例としてあげると、「本日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。

 

つまり、買いと売りの値が存在します。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している取引業者も存在しています。

 

買値よりも売値のほうが低い値段に決められています。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなっています。

その差分をスプレッドといいFX業者の儲けのひとつとされています。

 

スプレッドの広さは会社によって異なります。

スプレッド幅はあなたにとって経費になるので小さいFX業者を選択するほうが儲けられます。

 

ただし、同じ会社でも状況によってスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

 

例えば普段はドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッド幅だとしても、相場の上げ下げがかなり激しいケースでは3銭、4銭になったりする場合があります。

 

そのため、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい、固定している事が大切です。

 

最近では固定したスプレッド幅を見せる業者もいろいろあります。

 

リアルにFX取引会社の注文画面の上で現実の為替相場を確認しなければ判別できないのでやっかいですが、とても大切なことです。

大事な投資資金を投じて売り買いをするわけですから実際のトレードの前に心惹かれたFX会社の取引口座開設をどんどんして示されているスプレッド幅を確認しましょう。

 

同じ通貨でもその場面での為替のボラティリティによって外貨のスプレッドの幅は異なる場合があります。

普通は、インターバンクで売買高が多い通貨ペアではスプレッド幅が小さく、この他のペアではスプレッドの差が広くなるのが一般的です。

 


関連記事

  1. 乾燥肌には洗顔後、就寝前にたっぷりの化粧水を

    私は、30代の会社員です。元々若いころは、にきび肌に悩まされて、オイリーな肌質 ...

  2. 為替

    「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を売買の注文をして利ざやを上げ...